新しいビジネス

営業

賃貸オフィスは今でこそその名前を知っている人は多いようですが、昔はその存在を知らない人が多かったようです。1980年代には大手企業がビルの一室を賃貸オフィスとして貸し出す動きがあったようです。 その後賃貸オフィスの存在をよく知られるようになったのは、バブル崩壊後に携帯電話の普及やITブームなどを背景にして新しいビジネススタイルが生み出されたからだといわれています。小規模で事業を立ち上げる人も多くSOHOなど新しい勤務形態も登場して、賃貸オフィスを借りる人が増えてきたようです。 需要が多くなれば賃貸オフィスの業界も成長を遂げるようになってきているようです。インターネットの普及でパソコンからも賃貸の情報を検索できるようになっております。

ITブームや携帯電話の普及などによって次々と新しいビジネススタイルが生み出されてきました。それに伴って賃貸オフィスも認知度が高まり需要も増えてきたようです。そのためこの業界も成長を遂げてきたようです。 ところが賃貸オフィスの供給が増え始めると今度はビジネススタイルが多様化してきました。そのため事業を立ち上げたり規模を大きくしようとする業者にはサービスに対するニーズが多様化するようになってきたのです。 すると、従来のように単にオフィスの一室を貸し出すだけではそこに入居する業者が集まりにくくなってきたようです。いままで空室対策として単に貸し出すだけの商売では通用しなくなりつつあるようです。 そのため現在では供給する側には顧客が満足するような様々サービスが提供できるように努力する必要が生じてくるようになっているのです。